impressible

解釈

一昨日の毒吐きに関して

昨日、作業所の指導員から電話がありました


同じ内容を指導員に送っていて、
指導員には疑問点があったようです

●「この中に自分は登場しているか」

私と問題のメンバーへの指導員の態度に関して
『私の中で「態度の差」について何か勝手に盛り上がっているのでは』
と憶測がでたようです

それは全くない。と伝えました
私からしたら
地雷(いきなり怒り出すこと)スイッチが
どこにあるかわからないメンバーに対して
指導員のあの対応(丁寧語で話す)などは適当だと思っています


●「なんで話し声位でこんなに黒くなるの?」

私にとって「音」は生活する上で大きな事柄であったりします
暮らすにあたり聞こえる雑音で
車の音・楽器の音・犬や子供(犬猫と同じ括り)などの鳴き声は
私にとってさして負担ではありません
しかし
「人の話し声」「絶え間なく聞こえる嫌な音楽」
は耐え難く感じます

昔からそうなので性分なのでしょう

NHKで
最近「公園の子供の遊び声がうるさい」と
感じて苦情を言う人が増えている
と云う番組がありました。
実際に訴訟に発展したケースもあり、
公園を管理する役所側は苦慮していると。

研究者の分析では
「昔は地域内でコミュニケーションがあり
遊んでいる子供を『知っている』から騒音と感じなかった。
しかし最近はコミュニケーションがなく
子供を『知らない』ため知らない人間の大きな声と感じ
騒音と捉える人が増えている」
らしいです

解決策として
公園近隣住民と子供とのコミュニケーションを
積極的に進めると
騒音の苦情が減るそうです

これを説明し
人間の「感情」で
騒音つまり五月蝿いと云うのは決まってしまうのではないか
と話しました

また
作業所のメンバーの話は殆どが私にとって
「どうでもいい話」
「ワケ解らん話
(なんでそんなことを疑問に持つのか私には解らない など色々)」
なのです

だからたとえ私と仲の良いメンバーが話に加わっていても
私が好ましく思うメンバー同士が話していても
それは私には五月蝿いと感じてしまうのです

私にとっては
メンバーの好き嫌いもあるのですが
話の内容
が一番「五月蝿い」と感じてしまう要因なのです

少しそれましたが 質問に対してまとめると
五月蝿いと感じてしまい
それがストレスに変わり
仕事中くらい黙らんか
と云う感情=毒が生まれ
それを周りに言わないことでまたストレスが溜まり
どんどんドンドン黒くなっていくのです


●「なんで苦手なの?」

それは本当に私にとって「ワケ解らん人」だからなのです

なんでこんなことで怒り出すのか
どうして言葉を尽くして説明しても
こちらの考えが伝わらないのか
なんでこんなに私を敵視するのか
(私が言うと怒り出したり反論したりするけども
他のメンバーが言うと何も言わない)
なんであんな行動をするのか
…etc.


「ワケ解らん」から接し方が分からない
だから接するのに非常に気を使う
だからストレスになる
だから来ただけで気が重くなる

これに加え
ドンドン人に話しかけて
ドンドン五月蝿くしていく人間なものですから
もう
朝に姿を見ただけで
今日の憂鬱&具合悪くなるが決定してしまい
あぁ今日は1日ヘッドホンつけとかなきゃ
ヒドいことになるな…
となるのです


作業所のメンバーは
知れば知るほど「ワケ解らん」が深まって行きます
私の辞書に「慣れ」と云う言葉はないのかもしれません


では
[PR]
by nonbike | 2009-10-16 19:16 | heavy or negative
<< 過食 膿 >>