impressible

幸せと不安感

以前はブログでは
「幸せ」と「シアワセ」を使い分けていたことを
指導員サンと話していて思い出しました


例えばこんな感じ

ご飯食べれるかな。2004/11/27 

何度も書いていることですが!!2005/08/16

アゲハ蝶(その他いろいろ) 2006/01/24 

かわいそう?2006/08/20 

いつも考えていること 2006/06/24 



・・・まあ、基本は変わらないんですけど
・・・まあ、なんと言うか・・・
・・・複雑ですね 自分の過去と言うのは


自分は今も変わらず「愛」を求めていて
「シアワセ」ではありません。

昔の自分が説明できなかった「シアワセ」と「幸せ」の違いを
指導員サンは
「幸福感」と「恵まれている」と云う言葉で表現していました

自分が言うと
「幸せ」=恵まれている
「シアワセ」=幸福感
だな
と思いました

「シアワセ」はいつも刹那で長続きしない
そう思ってきました

たしか指導員サンは
「幸せだな」って瞬間がたまにあればそれで幸せじゃないか
と言いました
いいことがあったとかきれいな景色をみたとか
そんな時に「幸せだな」って感じるものだろうと
だから1日にそんな瞬間が1,2度あれば
それが幸せってものだろう


だから
自分の「幸福感」のなさが不思議なのだそうです
自分は「幸せ」だ
と言い張る割には
何で「幸福感」がないの?と

それはたぶん自分の中にある「穴」の所為だと思います

なにをあてがっても埋まらない穴が
たぶん「幸福感」「充実感」のなさに繋がっているんだろうと

それを埋めようとして
「なーのこと好き?」って好ましい人に聞きまくっていたり
誰かに依存してみたり
買い物依存や過食に走ってみたり


だから指導員サンは言いました
「仮に『自分(指導員サンのこと)』と『彼氏』を
うまーく両方とも手に入れられたとしても
たぶん直ぐ他の何かを求めだすと思うよ」


・・・自分の恐怖感はここにあると思います
何日か前にブログに書きました

------------------------------------------
これから
どんな感情も受け止めてもらえないのだと
怖くなった

「好き」も「嫌い」も
自分はそういう感情を「勘違いしてしまう障害」なのだから

「もうちょっと良く考えなさい」とか
「適切な距離感」とか「線引き」とか
「障害だから」とか

きっと全部否定されてしまう
きっと全部否定してしまう
--------------------------------------------

自分で自分を信じられなくなるし
人が「自分(なーのこと)の気持ち」を信じることもなくなってしまう

ああ、ズバリ言われちゃったな。
と思いました


話は変わるのですが
今 彼氏の具合が悪くて
ケータイの電源切ってるから連絡が取れなくて
「また振られてしまうんではないか」と
とても不安になっています

いやぁ・・・振られる要素はいっぱいあると思うんでね・・・


指導員さんから拒絶されて
その上彼氏に振られたりしたら
自分どうなるのかなぁ
と思案中
杞憂で終わるといいのですが



*コメント絶賛募集中* byなすび
[PR]
by nonbike | 2009-11-05 21:20 | heavy or negative
<< 否定 生きていけない >>