impressible

火傷

ぬるま湯のようだと思った

カラダが温まらない
ぬるいからいつまでも浸かってしまって
いつの間にかカラダが冷えていく


それとも
低温やけどなのかもしれない

温かいからいつまでもくっついてしまって
火傷に気付かない
骨までやられるのに気付かない


どちらにしても
自分が馬鹿なのだ
[PR]
by nonbike | 2009-11-13 08:56 | heavy or negative
<< 安堵 終わり >>