impressible

望まれない存在

みんな自分を産むのを反対した
と聞いている


姉は非常に稀なケースの筋ジストロフィーだった

姉が具合が悪くなって
死にそうになったときに
母が貧血かなんかで具合が悪くなって
切迫流産しかけて
自分がお腹にいるのが分かった

まだ3ヶ月の自分がお腹の中で動いた
と母は言う


みんな大反対した
また姉みたいな病気の子供が
生まれたらどうするんだって
親父は産むなら自殺すると言った


母の産みたいと云う強い希望に
祖母だけが
じゃあまだ私が手助け出来る間に
もう1人生みなさい
と言った

姉を診ていたお医者さんは
母が車椅子が2人になってもいいと言うので
じゃあ若いうちに産め
と言った


認めてくれたのはこの2人だけだった


自分は大多数から
「望まれない」まま生まれた
父方の祖父母は産むギリギリまで堕胎せと言い続けた


でも
たまたま健康に生まれて
恐ろしく利発だったから

みんな可愛がってくれた
みんな大切にしてくれた

父の役割を
祖父や叔父がしてくれた

姉は
自分をとても可愛がってくれたと聞いている
大切にしてくれて
姉妹以上の結びつきがあったと周りは言う
だから
自分は姉が亡くなったのを受け止められなくて
記憶から消したのだと言う

でも
結果的に
自分は姉から母を奪ってしまった
母の後悔の言葉を聞いている


自分は育ちきってから精神病になって
祖父を心配させたまま逝かせてしまった
叔父は腹を立てて連絡を取ってくれなくなって
伯父にはまだ迷惑をかけ続けている


これらの事実は
自分の足を絡めとる

自分は生まれない方が良かった
と云う思いを強くする


だから尚更
自分は自分を肯定出来ない

いてもいいと
はっきりと言ってもらえないと
立っていることが出来ない


自分は「望まれない」のだから
[PR]
by nonbike | 2009-12-10 18:43 | heavy or negative
<< 総論 吸い取り紙 >>