impressible

+1の理由の重さ

うちの作業所は
朝来たけどキツいんで仕事せずに帰ってしまった人に
+1(1h働いた)
をつける時がある

しかし
こないだ自分にはつかなかった

理由を聞いたら
「あれは来るのもしんどい人にオマケでつけるもんやけん」
と言われた

いや
あなたがしんどくないって言ってるわけではないよ
的な言葉を付け加えられたが
でも結局は
「あんたキツいでも毎日きようやん
キツいってその程度やん」
って言ってるようなものだと思った

自分がこないだ来なかったのは
涙が止まらなかったからで
今度作業所で泣いたら
周りに悪影響だから
家に追い返すぞ
と云う長の言葉に準じたものだった
本当はあの日
長の意向通りに診察を受けにいくのだって無理だった

だから
自分としては
出来る最大限のことをした


それでも
「キツくないやん」
と言われてしまうのだ

頑張って嘘笑いしているせいなのかな
と思った

嘘笑いできる=キツくない
なのかな
と思った


嘘笑いできるから元気で
自殺しないから安心してほっとける
んだろうな
と思った


指導員の中では

働けないほどキツいんです
そこまで無理したくないんです



涙が止まらないほどキツくてたまらないけど
生活の為には無理でも
働かなくてはいけない




どっちが症状重いのかな
と思った

まあ普通に考えても前者だよな
[PR]
by nonbike | 2009-12-15 12:50 | heavy or negative
<< 厨子 衝動的 >>