impressible

生きる世界

生きることを許される環境に有りながら
自分の存在の抹消を望む自分と


生きることを許されないが故に
生きようとする他人(ひと)と


どちらが自然だろうか
どちらが生命として幸せだろうか


環境が違えば
主観は変わる

同じ「世界」は双つとしてないし
同じ主観も双つは存在しない


そんな世界を生きることは
精神性の上で幸せなのだろうか
[PR]
by nonbike | 2010-01-24 15:01 | heavy or negative
<< 夜中のケーキ ため >>