impressible

いつも考えていること

いつも考えることがあります。

なーは「普通」と言う括りには入れないけれども。

親が居る幸せ。
暮らせる幸せ。
歩ける幸せ。
モノが食べれる幸せ。
水が飲める幸せ。
音が聞える幸せ。
声が出せる幸せ。
目が見える幸せ・・・etc.・・・

なーはシアワセではないけれども幸せです。
なーは恵まれています。

トレーラーに踏まれても内臓を守った骨格の強靭さ。
頭を打たなかったこと。
顔の傷が残らなかったこと。
回りがいろいろなことを気づかせてくれたこと。

なーが歩けるのも、その他障害があまり残らなかったのも奇跡。
なーを生かしてくれた先生たちが、その日、
ほぼベストメンバーでいたことも奇跡。

なーの精神的後遺症や排便機能障害で苦しんではいるけれども。
体が痛くて辛くてうごけなかったりするけれども。
母が全て受け皿になっているので、母が苦労しているけれども。

お風呂に入っていて思う。
病院で風呂に入れなかった日々。
そして、水の少ない地域の人々のこと。
ああ、なーは今、恵まれている。

夜寝るときにiPodで音楽を聴く。電気を消す。
音楽も聴けなかった、自分で電気をつけることも出来なかった、
あの長く動けなかった日々。
頭を打たなかったという幸運で、目も耳も正常に働く、
音楽も聴けて、歌えて、いろいろなものが見える。
声の出ない人、耳が聞えない人、目が見えない人、
そんな人たちを見て、なーも何かがずれていたらこうだったのだと思う。
そして、世界には屋根のない夜を過ごしている人たちがいる。
なーはとても恵まれている。

全ては一瞬で消えてしまう。
なーはずっと不満だらけで生きてきて、
事故に遭わなかったら、親の大切さも、何もかも分からなくて。
今、親と仲良くできるのも、全ての恵みを実感できるのも、
事故と言う危うい一線を越えて。

事故の加害者をとても憎んでいるけれども。
なーは事故をプラスにすることが出来た。

なーはまだ働くことも出来ないけれど。
いま、1歩を踏み出したばかりなので、吉と出るか凶と出るか。
それは、誰にも分からない。
[PR]
by nonbike | 2006-06-24 23:08 | heavy or negative
<< 考えすぎ? 変ですみません。 >>