impressible

じゃない?

母の子宮に再度何か出来ていることはお伝えしたでしょうか。
ついこないだ入院してとったような気がするんですが。
半年もしないうちにまた出来てしまいました。
しかも、かかりつけだった先生が移動になっていなくなってしまったので、
別の先生にかかると、
「1年後にまた来て、大きくなっていたら子宮ごと取ればいい」
と言いやがりますのです。
変でしょう?それって変でしょう!?
検査して、悪性ではなかったとはいえ、
いつ悪性になるかわからないのですよーーー!(>△<)
母はかかりつけだったお医者さんが国立病院に移動したと聞いたので、
そちらにいくそうです。
しかし、国立病院は非常に患者数が多く、
しかもただの風邪くらいで行くと
「ここはもっと重病の患者さんが来るんですよ!」と怒られるらしい。
母は「行きたくないなー」と言っていたのですが。
さらに。
別のところから出血が始まりました。お尻です。
母はさっさと、今日、かかりつけの内科に行ってきました。

前の子宮のデキモノも1度、変な出血があっただけでした。
その後何もなかったので、病院に行かなかったら、
今頃、でかくなりすぎて大量出血して救急車かもしれない。
(そういう人がいるんですって。)
母は、何かあったらいけないので、さっさと病院に行く人なのです。
なーを残して死ねないんですって。
そうよね。なーも母が先に死んだら、母の迎えを待つ。
(迎えに来るのは結構よくある話。)

今日の夢は母に何かあるお知らせだったのかしら!?
伯母がお仏壇拝んでたからおばあちゃん!?
ああああ。
何にしても。なーは仏門に戻るべきなのかしらね?

なーは考え方がころころと変わる人でもあります。

前、「前世ってはっきり言って関係ないよね」と言いましたが。
「魂のあり方」にこだわるなーは、
「なーがこの世に生まれ、何を課せられているのか」を考えます。
この世って、何よりも苦しい修行の世界だと思うのです。
どんな宗教でもそう言うようですね。

なーは最近まで、
「何でなーは生まれたんだろう。何で生きているんだろう」
とそればかり考えていました。
それは最近解決しました。
「生まれたから生きてるんじゃない?」と。
「生まれたから、生きるしかないんじゃない?」と。

母も「何で・・・」と同じことを考えていたそうです。
で、母は「何のために生まれたんだろう」と考えていたそうです。

なーはつい最近まで、それ(母が考えていること)以前の問題でした。
で、「何で生きてるんだろう?」を解決したので、
「なーはこの世で何を課せられているのか」に移動したわけです。

たぶん病気も事故もなーに「課せられたもの」なのです。
なーはこれをクリアすることが今生の使命なのです。
いや、まだ人生長いからもっっと沢山あるでしょうけど。

なーは向上するために、何をすればいいのか。
今は、そればかりです。

では、おやすみなさい。
[PR]
by nonbike | 2006-09-05 00:36 | heavy or negative
<< 一気にどどんと。 仏縁 >>