impressible

かかわり

今日は近くの森林公園に花見に行ってきました。
んで、バーベキューです。
なーは鶏肉しか食べれませんが。
b0033247_22232224.jpg

・・・写真が・・・デジカメを忘れていって・・・
ケータイでとったんですが、C-MOSはだめですね。
しかも、オートじゃないんで。ピントが合わず、ぼけてつぶれてます。
b0033247_22233785.jpg

さて。せっせと炭をおこし、
焼肉して満腹。
周りはグループと家族連れが結構いて、
車が道のど真ん中に止めてあって、通れなくなって
クラクションが響きわたったこともありました。

そんな中に、ひときわ大きい家族クループ・・・
小さい子供・・・3~6歳なんですが、ほったらかし。
柵を越えて山の斜面へ行こうとしているし、
こんな子供をほったらかして、酒を飲んでるなんて
なんてろくでもない。と思っていたのです。
そしたら、ほんとにろくでもない人間でした・・・。

なーがおなかいっぱいになって、親が食べるのを待っている間に、
トイレにいったんです。
そしたらちょうど道のところにそのグループがいて。
なーは何も考えずにその横を通ったのですが、
風で、煙がなーにもろ当たったので、なーが顔をしかめたんです。

そしたら。

男二人。
「今の女、煙が当たってすごい顔したぞ。こーんな」
「何であんな手を広げて歩くかね」
(なーが腕を広げて階段を下りていたので)
「つーかすげーデブだな」
「デブじゃねえよ。象だよ象」
「あそこまで行くと女じゃないよな。男だよ」
など、すごい罵詈雑言を、なーに聞こえるように大きな声で怒鳴るのです。
なーは階段を下りきったところでぶちきれてしまい、
「そこ黙れ!」
と怒鳴ってしまいました。
そしたら、更なる罵詈雑言と、しばくぞなど脅しを。なので、
「やれるもんならやってみろ!」
となーは怒鳴り返し、トイレへ。

なーは何かされたら、即警察通報のつもりで
階段を上りましたが、何もいわれなかったので、
そのまま両親のところへ。
で、こーんなことを言われた。と報告したのですが。

あんなやつらは、人間として恥ずかしい存在で、
本来ならかかわることのない人間です。
が。なーは怒りに負けてかかわってしまった。
なーはあいつらはもうどうしようもないろくでもない人間なので、
それはもうどうでもよかったのですが、
いわれたことも、まあ、大半の人が思うけど言わないだけの内容です。
そんなことはどうでもいいのです。
なーは、自分がかかわりを持ってしまったことを深く後悔しました。

きっかけというものを自分で作ったことに後悔したのです。

なーが怒鳴らなかったら、あいつらは酒に乗って、
もっといろいろ言ったことでしょう。
でも、なーがかかわりのきっかけを作らなかったら、
それだけだったのです。
あいつらは笑って、なーはムカついて、ジ・エンド。
それだけだったのです。

かかわりというものが生じる必要性はなかったのです。

なーはかかわったことを深く後悔しました。
きれいだった山の色も、何もかも、色あせて見えました。
そこの空間にいることが嫌になりました。
あんなやつらとかかわったことが、すべてを台無しにしました。

結局、両親が食べ終わるとすぐ帰宅しました。

なーは、自分から関わってしまったことが、ずっと心に残り、
疲れ果て、そのまま居間で寝てしまいました。

おきて、夕飯を食べるときに、なーがまだ暗い顔をしているので、
「あんなやつらのことは忘れなさい」
と親に言われました。なーは、
「あいつらじゃなくて、なーがかかわりのきっかけを作ったことを
気にしているの」と言いました。
親は、「そうね・・・」と言って、黙ってしまいました。
まあ、それから普通の会話なのですが。

今日は、そんな一日でした。
[PR]
by nonbike | 2007-04-08 22:24 | heavy or negative
<< 宗教的話 PC復活! >>