impressible

宗教的話

重い話をします。宗教の話です。

なーは仏教に帰依すると言いましたが。
なーは仏教とは、「万物流転、個としての魂があり輪廻転生するもの」
と言う教えを行っているものだと思っていました。
が。どうも違うらしいのです。

なーの考えは
とても「ちゃんぽん」(いろんなところのものが混ざってること)で、
いい加減だけど、なーが信じるものだからまあいいや。
と思ってきました。
で、なーの仏教観は間違っていたわけですが、
まあ、先祖への祈りには今までどおり、
仏壇と仏教にかかわるものを使い、
なーはなーとしての世界観を持っていこうと思っています。

(詳しくは「旅行記の東京2日目に関して。」をお読みください)
(バーの下のほうで検索できます。)

で、なーのちゃんぽんな世界神仏観ですが、
どうも、世間で言う「スピリチュアリズム」と言うものの
流れに入ることが分かってきました。
スピリチュアリズムというと江原さんですが(笑)、
なーの考えは江原さんとは微妙に違います。

スピリチュアリズムとは、一宗派・宗教にとらわれない、
大きな流れだと感じています。
それぞれ、スピリチュアルな活動をされている、
サークル・個人の方などで、微妙な違いが生じてきます。
その人たちがもともと信じてきた宗教の影響も受けます。
でも、大本は同じです。
興味のある方は「スピリチュアリズム」で、検索してみてください。
ただ、それだけを信じることはやめたほうがいいと思われます。
複数を読み、自分の信じれると思ったことだけを取捨選択すべきだと
なーは思っています。

たとえば、多神教はありえない的な書き方をされているところもあり、
個としての霊体は人間しか持たないと言うところもあります。
でも、なーはこれを否定します。
万物には魂が宿り、日本には八百万の神が存在すると思うからです。
ただ、それは、「霊体」と呼ばれるものではない、
波長の違う、別個のしての「意識体」だと判断しています。
でないと、なーが感じるこのモノたちは何なのかと。
説明がつかなくなるからです。

宗教色が強くなってきますので、注意です(笑)

なーが今やっているのは「魂の修業」です。
あの世(霊界)での自分の「霊格」をあげるためです。

まあ、それにはいろいろあるわけですが。はしょりまして。

なーが、このあいまいなちゃんぽん宗教観を
明確にしていこうと思いましたのは、ある出会いがありました。
それは、まあ・・・ある、お導きだと思っています。

それは、個人での幅広いつながりであり、
参考文献に、あるサークルや個人の発行物を参考にはしますが、
それ一個ずつにはとらわれない・・・
なー的にいえば、ちゃんぽんな人たちです(笑)

まあ、スピリチュアリズムが基本的にちゃんぽんに近いと思うのですが。
と言うより、さまざまな宗教が真理の一部分しか汲み取りきれず、
結果、真理であるスピリチュアリズムがちゃんぽんみたいになったと
表現するのがベストでしょう。

まあ、その出会いにより、なーは今までの悩みを解決する方向へと
向かっております。
なーのほしかった答えが、少しずつ出てくるのです。

しかし、それは、個人のつながりであり、
なーは、ひとつの宗教に縛られることを否定します。
スピリチュアリズムは宗教的観念ですが、
なーは、スピリチュアリズムというものが、
もはやひとつの宗教・宗派でないことを強調しておきます。
まあ、人によっては、サークルに入るのもいいでしょう。
宗教に入るのもいいでしょう。個人活動を渡り歩くのもいいでしょう。
ただ、自分の考えをしっかり持つべきです。
・・・法外なお金を取るところは要注意ですよ(苦笑)

理解度は、その魂の「霊格」によって、違ってきます。
センシティブで、感受性豊かな人でも、
こういう話・・・に興味のある人でも、
理解できるレベルが違ってくるそうです。
まあ、それは、人生相談的行為を行っている方のお話です。

それと、スピリチュアリズムでは現在のほとんどの宗教を
「間違っている」と言っています。
それは、長い年月の果てに「人によって作り上げられた」ものだからです。
また、霊能者のほとんどが低級霊の影響を受け、
「前世は・・・」なんてものもほとんどが間違っているそうです。

なーなんかは前世はどーでもいいのですが、
今、身の回りにいる人との前世や霊界での関係が
どうだったのかが気になりますね。

世界の2大宗教が現世の魂の向上の邪魔をしていると
明言しているところもあります。
その宗教の友達を持つなーは耳が痛く、
もう宗教の話は二度とすまいと思っています。
(詳しい問い合わせはしないでください(笑)うそです。)
なーから問いかけることは二度とありません。
問いかけられたときだけ、なーは答えます。
それはその人のための機だからです。

スピリチュアリズムは霊界主導による地上の魂の「底上げ」計画です。
長いスパンで全体の霊格をあげようと言う取り組みです。
それは今から100年くらい前から始まりました。
今まで生まれた人間のなかで、最も霊格が高いのはイエスであり、
今の底上げ計画を主導しているのもイエスです。
が、その教えは、人間の手によって曲げられてしまいました。
釈迦は一部の真理しか汲み取れず、間違った教義を残しました。
・・・と、ある本には書いてあります。
ただ、なーは、それぞれの教えをまったく知りません。
なので、「間違っているそうですよ」と伝えられるのみです。

んー、大きなことを言っておくとですね・・・

神は愛を持って私たちを作り上げ、私たちを世に送り出しました。
まあ、どんな風に作り上げたかは知りません。
そのプロセスはいつか科学が証明するだろうと、本も投げてます(笑)

私たちは因縁や罪を断ち切る修業のため、
神にいろいろ約束をして生まれてきます。
宿命を乗り越えることで、私たちの霊格は向上します。
なんかここの所あたりはちゃんぽんな仏教ぽいでしょう?(笑)

私たちが信じるべきは神のみです。
神は大きな個であり、法則だそうです。性別はありません。
霊界では、空気のように神の愛が感じられるようですが、
地上で物質的な体をまとっている私たちは鈍く、感じることができません。
しかし、大きな愛で、私たちをいつも見守っているそうです。

私たちが実践すべきことは「利他愛」です。
他人のために行動し、他人を愛するべきです。
この辺キリスト教っぽいですね(笑)

まあ、利他愛なんて実践できている人は1%いればいいほうだそうで。
人として恥ずかしくない道をたどれればいいんじゃないでしょうか。
人に危害を加えたり、騙したりなんてはもってのほかですよ?
あまり利己的にならずに、ちゃんと暮らしていければいいと思います。

なーは、いろんな才能があって、
それを人のために役立てるべきだそうですが、
まだ、その時期ではないそうです。
なーはまだ、宿命のなかでもがいている最中ですし、
人のためより先に、自分に最低限やらなければいけないことが
あるようです。(・∀・)
(人生相談やっている人談。)
まー、四捨五入しなくても30間近ですが、
人生100年の時代ですし。死ぬことは別に怖くないので。
あといくつ何を越えればいいのかなっっと考えつつ、
のんびりやっていきましょうやぁ。みたいな感じです。

てか、死ぬのある意味楽しみですね。
死別はまあ悲しいものですが、みんな同じとこ行くんだし( ̄ー ̄)
死んだら、姉さんにも、プーちゃんにも会えるし、
おじいちゃんにも会えるし。
サマーランド(幽界)で死後を楽しんでから霊界戻ります。
あー、でも、子供残して死んじゃうとかはやだなぁ。
子供苦労するもんなぁ。

なーはなんだか、事故にあったことも、病気になったことも、
自分が超えるべき宿命として起こったことで、
けして無駄ではなかったのだと思えば、心が軽くなります。

なーはまだまだ問題が山済みで、
ここ数ヶ月でも消化しなければならないことが
今までに比べれば、いっぱいあります。
(普通の人に比べれば全然ですが^-^;)
がんばります。

んでは、重い話は終わります。
[PR]
by nonbike | 2007-04-09 00:37 | heavy or negative
<< こなくそ! かかわり >>