impressible

信じられないかもしれませんが。

連続投稿。なすびです。

5月の投稿でお話したのですが、
なーは「スピリチュアリズム」と言う、
一宗教・宗派にとどまらない、霊的な流れに身をおいています。
と言うか、なーのちゃんぽん思考が
スピリチュアルだったと言っても過言ではない。

で、なーは今、何の宗教も入っておりませんが、
ヒーラー、霊能者、漢方薬剤師・・・など、
個人的なつながりの中に入っています。
まあそのつながりの中には
道を間違えて行っている人や、
なーみたいなただの人と言う人々もいるわけです。

そんで、なーは昔から幽霊がたまに見える性質であり、
気配など感じたりする性質であります。
地場の悪いところに行ったら気分が悪くなるとか、
清浄な場所が分かるとか、
そんなちょこっとした…霊媒体質で
ちょっと人より敏感なわけですが、
今、その自分の性質に磨きをかけようと頑張っています。
単純に言っちゃうと、行をしているわけですね。

なーがお世話になっている霊能者さんは、
不動明王の加護を受けているわけですが、

・・・まあ、菩薩やら如来やらは、
神の分身であったり、高級霊であったりと、
キリスト圏のようには割り切れない存在であったりします。
日本には八百万の神という、また神とも自然霊とも
割り切れない存在もありますし。
日本はスピリチュアリズムの中でもちゃんぽんです。

話を元に戻しますと、
その方は真言宗、密教の祖の経典を使って、
毎日、行をし、神と先祖に祈りをささげているとのことで、
なーと母も同じことをしているわけです。
それでなくても、
なーと母は弘法大師さまのご加護を受けているのらしいので、
(なーが事故ったとき助けていただきました。)
まあ、それでよしと。
なーはいくつかの経と真言を唱えるだけの簡易版ですが、
母はまじめにやっています。

で、それとは別に、「ヒーリング」というものがあります。
自分の気、あるいは高級霊・天界の気を使い、
モノを浄化したり、治療したりすることです。

世の中「手かざし治療」はいっぱいありますが、
本物は少ないと思います。
特に特定の宗派に入っている人は、
自分をあがめる人にだけ力を貸す「神様もどき」に取り付かれ、
死後、それが支配する偽りの「天国」
(暗黒界と言う、階層の低いあの世です。)
へ逝き、そこから抜け出せなくなるそうです。
まあ、そんな「手かざし」は
普及しちゃったりもしているんですが。

でー、なーたちは自分の身だけでも最低守り、
磨くことで天界とつながり、人を癒していけたらと思い、
その「ヒーリング」を習っています。
そして、毎日、自己ヒーリングをやっています。

母はデコにある6番目?のチャクラが開いているので、
自己ヒーリングの最中にいろいろな映像を見るそうです。
この映像ですが、目で見ているわけでも、
想像しているわけでもありません。
目閉じているので視界は真っ暗で、
頭のほうはお経の復唱などしていて、想像していません。
そんななのに突然映像が見える。そんなことがあるのです。
こないだなーも体験しましたが、とても不思議な感覚です。
なーが見たのは千手観音の御手でした。

なーは頭頂のチャクラが開いているので、
悪いものも良いものも等しく受けている状態です。
あまりいいことではないらしく、
なー自身のランクアップが求められています。
しかし、初歩の自己ヒーリングは1時間もかかり、
集中力も無い、体力も忍耐力も無いなーは
またもや簡易版に走っています(苦笑)

それでも、21日間やり遂げようと走り出しました。
あれですね。行などは7の倍数で区切ります。
7とか14、21、49とか。

なーはとても純粋で、気が入りやすく、
すごいエネルギーを持っているらしいのですが、
交通事故の後遺症の薬を大量に飲んでいる所為で、
靄がかかったような状態なのだそうです。
また、その所為で、
大量の買い物や、過食などの病的な影響も出ています。

ただ、なーは霊界という真理を知っている一人なのです。
もう何かを抜け出さなくてはならない境目に来ています。
目のあるものを買わないというのもそのひとつで、
フィギュアを絶つのもそのひとつです。

目のあるものを買ってはいけないのは、
いろいろなものが入ってしまうからです。
人の念、悪霊、邪気・・・などなど。
なーの体質では、その影響をめちゃくちゃ受けやすく、
なーが今フィギュアや人形を買っているのは
人形に「買わされている」状態だそうです。

なーは大きなものと引き換えに、
それを無理やり絶つ道に進みました。
これで、なーは「我慢」「忍耐」などを身につけ、
大きく進歩するはずです。

ブライスは半分以上手放しました。
プーリップも2体とローゼンシリーズがあるだけです。
カスタムドールも集めるのをやめ、
手放す段階へと入りました。

なーの目的は「魂の向上」「天界とのつながりを持つこと」です。
生まれたときより、霊格があがらないと
この世に生まれた意味がないのです。
人が汚い世界に肉体という重りを持って生まれるのは、
ただ、魂の向上のためだけなのです。

今日は、愛犬プーのお盆のお参りに
動物霊園に行ってきました。
あそこはめちゃくちゃ何かいるので
あまり行きたい場所ではないのですが
まだプーが無くなってから半年。
形だけでも供養してやらないとと思うのです。

で。実際のプー(霊体)ですが、
あの世では畑がある古い日本家屋で、
おじーさんおばーさんに飼われているというのが
なーと母の見解です。
母は例の目で見て、なーは夢で見ました。
なーたちが無事あの世に戻れたら、
話すことが出来るとのことなので、
今からとても楽しみにしています。

では、この辺で寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by nonbike | 2007-08-10 00:38 | heavy or negative
<< バテた 聖なる約束 >>