impressible

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

世界のハナシ

なすびです。

今「生きるのが楽になる哲学の本」
と云うのを読んでいて。

なーはわざと「哲学」を学ばなかった人間なのですが、
なんとなく、読んでみたくなったのは、
其の本の「装丁」です。

クラゲが描いてある。とびきりかわいいの。
あと、カバーの紙質が好き。

それだけです。(^-^)

あと、最近、ホントに「生き難い」からでしょうか。

んで、
其の本が、もちろんのごとく「自分の世界」について書いてありまして、
読後はこの影響を受ける可能性「大」なので、
ここのところずーっと考えてきた「なーの世界」について、
メモ書きしておこうと思います。
まだまとまってないんだ。全然。

問題は「何処から何処までが『なーの世界』たるのか」と云うこと。


「なーの認識するなーの意識」
↑「なーが『なーの考え』だと思って考えていること」含む
「なーの体」(中身含む)
「なーが見たり触ったりできる範囲」
「なーが行動する・出来る範囲」(主に地元)
「なーの親戚及び友達・知り合いの住んでいるところ」
「なーが旅行で行った地方」
「なーがニュースで見る日本」
「なーが考える日本」
「なーがニュースで見る外国」
「なーが考える外国」
「なーがニュースで見る地球及び宇宙」
「なーが考える地球及び宇宙」
「夢」

大小さまざまですが、
・・・何処までが「なーの世界」って言えばいいんだろうね?
と云うこと。


日本とか外国とかスケールでっかいね。なんですが、
視覚的なことを言えば
「なーの見てるモノ」と「人の見てるモノ」は明らかに違う。
じゃあ、スケールでっかかろうがなんだろうが、
なーと人の「日本」「外国」は確実に違う。

視覚的ってのはもちろん「見えるモノ」、
考えとか、病気的に気になることはもちろん、
視野・目の悪さなど・・・など、身体的なことも。
だって、なーはキョーレツな近視と乱視。
裸眼だった時代なんで片手で足りるほどしかなくて、
メガネの時代が長すぎる。

他のことで言えば、
「目に付くもの」がまったく違うよね。と云う話。
なーは見目麗しい女の子に目が行くけど、
普通女の子はイケメンに目が行っちゃう筈で。
でも彼氏にしか興味のないなーには
男なんてどーでもよかったり。


前は「なーの認識する『なーと言う意識』」=世界でした。

でも前書きました。
「世界が終わればいい」とか「世界が閉じていく」とか。

なーの行動・交際範囲が広がると、
なんか考えることはめまぐるしく変わっていく。

考え方の基本が変わらないにしても、
もともと、なーは、
自分の考えはどんどん更新していこうと云うタイプ。
だから、新しい知識が入れば、
其のことに対する考え方が変わるのは当然のこと。

んで、社会にでて、
いろんな考え方の差異を感じて、
「世界」と云う言葉が「なーの意識」に限定できなくなりました。

うん。じゃあ、「世界」はどこまでなんだろうね?となる。

「夢」ですが
これ・・・間違った文章なんですけど
「胡蝶は夢か幻か」
・・・実際は「胡蝶の夢」だったかなぁ?
中国の人の「夢で蝶の一生体験しちゃったヨ!」って云うやつ。
「実は人間の自分が蝶の夢なんじゃね?」ってやつ。
荘氏さんでしたかな?違うかも。
ホント、思想・哲学系弱いな。


うん。まとまってないからここまで。
30分以上になったし。

では。本読みます。
(・ω・)/

植物の英訳は3時間かかったのにこの文章書くの30分(笑)
英語と日本語の違いは奥が深くて、
日本語がとても好きになります。
[PR]
by nonbike | 2009-09-30 20:22 | heavy or negative

宮沢賢治?

Be like a plant.


It wants nothing,


It is satisfied just with a thing given by the god,


It takes only a necessary quantity to live,


It bears wind and rain,


It fades secretly...


I want to become such a being.


植物のようであれ。

何も願わず、

与えられるものだけで満足し、

必要なものを必要な分だけ得て生き、

風雨に耐え、

いつの間にか姿を消す。

私はそういう存在でありたい。


ロゴを変えました。
フリー素材になーの目標を書いたもの。

「欲望って生きてる証」なんだけど
「欲望って要らないもの」って思っちゃう。

だから、なーは本当は何にも欲しがらない人になりたい。

誰にも何にも期待しない。
ただ生きて、
世の中のストレスに負けず、
天寿を全うできたらそれでいい。


だから、なーの目標は「植物になりたい」


貝でも何でも良いんだけどね。
[PR]
by nonbike | 2009-09-30 17:58 | today's word

鬱々と

in ベッド
なすびです。

ここのところ鬱気味でして

なーが
「作業所のメンバーを差別している」
「(自分の)病気を認めていない」
「指導員が(なーに)あえて言わないことを
(自分から)質問して聞き出している」

と云われたのが引き金でして。


んでここから
一晩開けちゃったなすびです。
(・ω・)/

差別について

なーは差別している気などさらさらなく。
それで鬱々と考えてたりしたんですが
昨日指導員と話しました。

まあ、「自分たちの立場から見ると」
「上から目線だよね。」
と。
でも
「メンバーてみんな自分のやることに一生懸命だから、
そこまで気にならないんじゃあないか」
また
「(メンバーが)病的に気にしだしたら目につくかもね」
「今んとこトラブルは起きてないのでいいんじゃないか」
と云うご意見でした。


なーは今、
「メンバーがやっていることに口出ししない」
「聞かれても指導員に回す」
と云うことをすごく頑張っているつもりです。
指導員の領域まで手を出している。
と指導員に指摘されたこともあり、
立場的(年下・後輩)に角が立つ
と云うこともあり。
(実際なーが注意しちゃって相手が怒ってトラブルになったことも)

作業所内のことは
メンバーのプライバシーに関わるので
詳しくは書かないことにしています。

なので
指導員のことしか書かず
はれはれ?と読んでいる方には分かりにくいかもしれませんが。


指導員は
「普通の人同士でも何となく差別しちゃってるとこあるよね」
「人間てそういう生き物」
とも言ってくれたので
なんか救われました。

ありがとうとしか言えません。
(´∀`)


続きはまたあとで
(・ω・)/
[PR]
by nonbike | 2009-09-30 09:53 | heavy or negative

前置きの長い後悔の話

眠れなーい
なすびです
(・ω・)/

今年は夏に映画を2本観ました。

1本は勿論
「ヱヴァンゲリオン 新劇場版:破」
もう1本は
「サマーウォーズ」
どちらもアニメ映画です。

エヴァは置いといて、
「サマーウォーズ」のお話を。


ネタバレ注意!!

仮想世界「OZ」が浸透した世界のお話。

行政の手続きから銀行、ゲームからバイトまで
ネット上の「OZ」ですんじゃうこの世界。
憧れの先輩からあるバイトを頼まれ、
先輩の祖母宅に一緒に旅行に行くことになった高校男子の主人公。
大家族的な先輩の親戚に囲まれ、
今までにない「絆」を感じ、楽しく思えたのも束の間、
「OZ」に異変が起き、主人公のアカウントが乗っ取られ、
「OZ」の異変の犯人にされてしまう。
しかし、いきなり現れた先輩の叔父が作ったAIが犯人と分かり、
先輩の祖母を筆頭に「OZ」に引きずられ、
システム破綻の危機に陥った日本をなんとか立て直す。
一安心…も束の間、先輩の祖母が心臓の持病で急逝。
親戚の結束は揺るぎ、
勢いを取り戻したAIによって、たちまち世界は危機に瀕する。
祖母の葬式の準備に取りかかる女達をよそに、
主人公を含む男達は「OZ」奪還をAIに挑む。
最後は親戚全員に先輩の叔父も加わって、AIの無力化に成功。
しかし、AIは最後に人工衛星を祖母宅に落とそうとする。
迫り来るタイムリミットに次々立ちふさがる「暗号」
主人公はこの暗号を全て解くことが出来るのか。
大家族の運命が主人公の「頭」に委ねられた。


と云うお話。
かなり端折ったあらすじになりましたが、まあいい。

兎に角「面白い!」
笑えるし、話も現実にあり得ることで、危機感が実感出来る。
アニメ映画としての構成も良く、
収まりが凄くいい。
今時のアニメ映画に有りがちな
「前情報で補完よろしく」なところも全くない。
正に「笑いと感動」のアニメ映画でした。


すごい大家族的親戚…
そーいや母方の親戚もこうだったな。
と思いました。

祖母が11人兄弟だったっけ?
だから、親戚の数も半端ないし、
みんな助けあってきたから、結びつきも強かった。

でも、今は祖母の兄弟は皆亡くなり、
それと共に親戚同士が会う回数も減って行き…
多分、親戚の把握も、母の代で終わるんだろうな。
なーは何にも知らない。


なーは高校まですごい人間嫌いだったから、
親戚の集まりなんて面倒くさいだけだった。
年下の親戚と遊ぶことも殆どしなかった。


もったいなかったな。と思います。

今のなーくらい、
人のことを周りのことを見て考えることが出来たら。
きっと、あんな集まりを楽しく過ごすことも出来たんだろう。
今時、あんな繋がりはないし。

ないものねだりなのか
なーが変わったのか


あれを楽しめる人間だったら、
なーはこんな病気にならなかったんだろうな。


何がいけなかったんだろう。
イジメにあって、人間嫌いになったのが
やっぱりいけなかったんだろうな。

だって
今のなーは
小さい時の
「とんぴん」でおしゃべり好きで甘えん坊な
「昔のなー」
とあんまり変わらないから。


なにがいけなかったんだろう
なにが悪かったんだろう

なーはそればかり

自分が選択した事柄も努力したこともしなかったことも全部後悔してしまう

なーは自分の何をどこを肯定出来るのだろう
[PR]
by nonbike | 2009-09-24 04:07 | heavy or negative

自分の甘さを識る

昨日、泣いたので目が腫れてます
なすびです


平たく言えば
「女が一方的に被害妄想抱いてんじゃねーよ
男だって辛いんだぞ
お前わかってねーだろ」
と言われて、
腹立たしさと悔しさと悲しさで泣いたんですが、

まあ、ぶっちゃけちゃえば
作業所の所長に言われたのですが、
最近の出来事とか
「お前ぁダメだダメだ」
って言うのを
我慢してる感が捉えられて
なーの中では
ちょっと地位が上昇してたわけです

だからこういうことを言われて
「ああ、やっぱり、この人ダメだわ。」
と言う感と
「自分は何をこの人に期待していたんだろう?」
と云う自分への失望が
今、とても大きいです。

なーは自分の痛みに敏感な分、
人の痛みも一生懸命考えて、想像して、
…頑張ってたんですけど、
人から見たら全然足りないんだろうな。
と思いました。

「諦める」
と云う表現は
自分がされてとても嫌だったので
使いたくないのですが、
所長には本当に「諦める」しかないな

あと、自分は、何をどこまで人に期待しているんだろう?
と考えて、
やっぱり、幼いころから抱いている

人を当てにするな。人に期待するな。
何も願わなければ自分は傷つかない

と云うのは基本だなあ。
と思い直しました。


長にはブログのアドレスはつたえてあるのですけど、
あの人、読まないって言ってたんで。

なーってここにしか吐き出さないこといっぱいあるので

ここを「俺ぁ読まんぜ!」と云うことは
なーへの理解を放棄するのと
同意義だったりします。
だから、
あの人に関しては本当にダメだな。
としか
今は本当に思えない
[PR]
by nonbike | 2009-09-18 09:12 | heavy or negative

不安定感

いつも
いつも
不安になったら聞いていた
「ママ、なーのこと好き?」

5分ごとに聞いていた時もあった。


今は聞けない。

聞かなくてもわかってるけど

だから立っていられるけど


なーは隠すのが美徳だとは思わない
それが人を傷つけることがわかっていても
自分が苦しくなるのがわかっていても

隠さない
全部伝えて
全部欲しがる


こんな日は
自分の影がゆらゆら揺れて薄くなる

なーは本当はこの世界に必要ないのだと
思い知る
[PR]
by nonbike | 2009-09-17 23:44 | heavy or negative

鬱かな

もう 頑張るの止めていいかなあ

人のこととか人の気持ちとか将来とかカラダとか仕事とか

何かとても疲れた

頑張っても足りない自分と
何かを得ても、人と繋がっても
穴があいたままの自分と
いつまでもいたちごっこで
イヤになった
[PR]
by nonbike | 2009-09-16 22:17 | heavy or negative

比較

世の中は摩擦・軋轢の類で充ちている

努力を止めて
周りの声に耳をふさいで
自分のいいように振る舞う
周りのことなんか考えない

日々精進も一期一会も考えない

これも
一種の「世界を閉じる」方法

それによる「生き難さ」と
努力してもしても足りない今の「生き難さ」と
どっちが楽だろうか
[PR]
by nonbike | 2009-09-16 22:07 | heavy or negative

どーでもよいこと

土日は連休だった。
作業所の指導員の身内が亡くなったから。

なーは「ぼくらの」を読んだ。
なぜか3巻と7巻がなかったけど。

みんなが言うような鬱漫画ではないと思った。
それどころか、背中を押されるような漫画だと思った。

なーは今、何故か鬱。
作業所の保健室で寝ている。
人が多いことが発端で、
特定の人間の行動が嫌だった…のではないかと推測中。

とてもイライラしている。
人と関わるといつもこうなのだろうか。

何か嬉しいことも
直ぐにかき消されてしまうような
焦燥感と絶望がぶら下がる。


なーは上しか見ていない。
ピンキリと云う言葉の上しか見えない。

なーはどこにいるんだろう。

なーの世界は何を目指しているのだろう。
[PR]
by nonbike | 2009-09-14 12:47 | light & bright

生きるってこういうこと。

はい。
なすびです。

今日の仕事の帰り、歩いていたら、歩道をアゲハの幼虫が歩いていました。
こんなとこ歩いてたら踏まれちゃうよ!(≧∀≦;)
と云うわけで、
歩道の端の壁をよじ登るまで見守ってました。
はたから見たら突っ立ってる変な人。
場所的に、道路渡ってきたんかな~。と云う感じですが、
住宅街とはいえ、この2車線道路無事に渡れたってすごいな!!Σ( ̄ロ ̄)
と思いました。

なんか、ぼっけー見てて、
・・・生きるってこういうことだよなぁ・・・
とか考えてました。

病気になる前は、「今日はこれをしよう」って決めたことは
結構全部やれてたよなぁ。
整理整頓も、掃除も、他いろんなことをきっちりかっちりやってたよなぁ。
と思い出して。
やれなくなったのは
病気の所為なのか、年の所為なのか、一人暮らしの所為なのか。
わかりません。

でも、なんか、
人間結構、なんだかんだ言っても、
生活しようと思ったら、
どんなにきつくてもいろいろ動いちゃうよなぁ。
と、皿洗いをしながら思いました。

死ねないから、
生きるのにも死ぬのにも足しにならない自滅的行動はしないし。

話が変わりますが。

鬼頭莫宏さんと云う漫画家さんが好きです。
ものすっごい個性的な絵を描かれる方ですが。
最初は絵を見て「げ」と思ってしまいましたが、
いつの間にかはまっていました。

鬱漫画、アニメ化されて「鬱アニメ」と評判になった
・・・かなり人気あると思うのですが「ぼくらの」はもちろん、
「なるたる」が好きです。
他に短編集と「殻都市の夢」しか持ってませんが。

「むくろなるほしたまたるこ」
「骸なる星 珠たる子」
で、なるたる。
このフレーズがカバーの端にこっそり印刷されているのを見て思いました。

この人の短編が読みたいがために「ジャンプSQ」と云う
単発雑誌・・・かな?を買いました。

とてもよかった。と云うのが感想です。
人を殺す。と云うこと。

・・・誰でもよかった。
て、殺した動機を言う人がいますよね。
なーってそれダメなんですよ。
誰でもよかったら、自分でもよくない?ってなっちゃうんです。
そして、普通に、
(もしかしたら)生き続けたかった人が
こんな理由で殺されるって理不尽だなぁと。思うんです。
・・・なーみたいな死にたがりだったら話は別ですが。

この世界が滅びればいい。なんて微塵も思ったことがない。
生きたい人たちがいて、生きたい命が沢山あるのだから、
なーはなーだけ終わればいいと思う。

だから、自殺しようとしたときも、
どうやったら人に迷惑をかけないで死ねるだろう。
と、それが一番でした。
あとは、確実さ・・・だったかな。それだけ考えた。
あとの汚さとか、どうでもよかったです。

まあ、その答えが見つからなかったからまだここにいるのだけれど。

「りゅうきゅうねしあ」と云う本を入力していて、
琉球地方?の残酷な話を読みました。
昔の「口減らし」の話。

昔は人民税?とか云うのがあって、
それがきつくて、口減らしをやっていたのだとか。

生き難さは昔も今も変わらないのか?
と云う感想を持ちました。

それでもどうしてみんな生きてきたのか。

そしてどうして(自主的でも自主的じゃなくても)自分は死ねないのか。


ころころ話が変わりますが。


職場の人の身内にもうすぐ死んじゃうんじゃないか。と云う人がいます。
その人は、もう年で、体の機能の問題で亡くなりそうなのですけど。

その人の面倒を見てきたその職場の人は、
今、どんな気持ちでいるのだろう。と思います。
悲しいのか。肩の重荷が取れるからほっとしてるのか。
聞けなくて聞いてません。聞いたらいかんですよね(苦笑)

その職場の人って、信仰とかそんなのないみたいなんですけど、
葬式の用意。と、冠婚葬祭屋さんの電話番号を調べてました。

何でみんな葬式するのかな。と思いました。
特別な信仰がない人でもするんだなぁ。と不思議になりました。
(その職場の人が)年の方だから、一応慣例でやるのかなぁ。と。

なーなんか、自分の葬式はおろか、母の葬式もする気ないのに。

前も書いたけど、葬式とか墓とかって、
「残された人のためのもの」としか思えない。
ただ、もういないんだ。ってコトをわかるための。
ただ、お別れをするための。

なーなんか、とりあえず焼いて、灰捨ててくれたらそれで十分だけどなぁ。

親は「知り合いに死んだって事は知らせてね」と言いました。
なーはそれすら要らない。

なーが死んで悲しむ人って・・・どれくらい居るんだろう。
片手で足りるくらいしか思いつかない。
片手分だけでも居てくれるのは幸せなことです。

今でも、その片手分しか、
自分を好いていてくれる人が思いつかない。
片手分居てくれるだけ、幸せです。本当に。

自分が居なくても、職場も世間も世界も何もかも普通に廻る。
むしろ、職場なんか、
自分が居ないほうがいいんだろうなぁ。
と(周りを)見ていて常々思う。


朝晩めっきり冷えてきましたね。
昨日、窓閉めるの忘れて寝ちゃったんでのどがイガイガします。
熱はないんで、普通に風邪気味。

では。
[PR]
by nonbike | 2009-09-08 23:06 | heavy or negative