impressible

「茜色の夕日」by「フジファブリック」

フジファブリックのニューシングルを手に入れました。
b0033247_0512142.jpg

「茜色の夕日」と言うのなんですが。

なーがフジファブリックを知ったのは「銀河」と言うCDで。
PVはとてもきれいな女の子がこれまたきれいな女の子3人組に追いかけられて、
3人の女の子は追い詰めると奇妙なダンスを踊るのです・・・
で、女の子は耐えられないという感じでまた逃げるのです。
それがおかしくておかしくて、サイケな曲調とものすごく合っていて、
「フジファブリック」は一押しのバンドになりました。

「銀河」のカップリングは「黒服の人」と言う葬式の歌なのですが、
それがなんか・・・胸に打つ歌でして(なーだけかしら)

次の「虹」は、まあそれなりな、あまり印象に残らない歌でしたが、
今回の「茜色の夕日」はいい歌です。
バラード・・・になるのかしら?歌詞は青年がぼんやりと考えることみたいです。
でも、それより、カップリングの「蜃気楼」がいいです!
フジファブリックのボーカルはすごく印象に残る独特な声をしていると思います。
それをすごく生かした、なんと言うか・・・
のんびりかつのんびりだけでは終わらない
力を入れてるのか入れてないのか分からない歌い方で、なーはすごく好きです。
歌詞は幻想的なような気がします。
マイナーコードな曲調がナンダカすごく好きです。
あと、「ムーンライト」と言う曲も入っています。宇宙な曲です(何)  
  

千と千尋のイメージ曲「いのちの名前」を元ちとせがカヴァーしているようですね。
8月5日の原爆特番に使われて話題になったとかならないとか。
原爆特番は・・・なーはとても見られませんので。
事実を知りたくとも。アメリカへの憎悪を増やすだけですので・・・。
あの名曲はカヴァーされなくとも普通にあのままでいい曲だろう。と思うのですが。
まー、歌っている人が人なだけに話題になったのかな?
気になるので、レンタルされたら借りようと思っています。
[PR]
by nonbike | 2005-09-16 00:52 | music on music
<< 展望? 創作人形経過他もろもろ >>