impressible

斬魔大聖デモンベイン

ニトロプラスのエロゲー「斬魔大聖デモンベイン」を
ものすごい勢いでやっています。面白いんです。
たぶん明日で終わるんじゃないかな。
最高最短3日。すごいね。

んー・・・言うなれば・・・「ロボットアニメ」です。
選択が少ないのでゲームと言うよりはアニメ?ノベル?
(いや、アニメみたいには動かないが)

たしか、「荒唐無稽ロボットアドベンチャーゲーム」と言う宣伝文句。
・・・本当に荒唐無稽です。
・・・こんなのが荒唐無稽って言うんだな・・・と思いました。

科学と魔術・錬金術が存在する世界で
主人公・大十字九郎は生ける魔導書「アル・アジフ」と出会い、
舞台・アーカムシティを蹂躙する悪の秘密結社?テロリスト?の
「ブラックロッジ」と敵対することになります。
覇道財閥が開発した巨大ロボ「デモンベイン(無垢なる刃)」を操り、
「ブラックロッジ」の巨大ロボや
幹部の魔術師たちの操る「デウス・マキナ(鬼械神)」と戦います。
やがてブラック・ロッジは邪神を召喚し、世界を掌握しようと試みます。
さてはて、今は最高潮・・・結果はバッドエンドかハッピーエンドか・・・。

面白いところは、九郎がことごとく女の尻にひかれていることと、
・・・ギャグ・・・かな。
あとは、がんばってる九郎がかっこいい。感動。
あと、アル・アジフがものすごくかわいい。
がんばれ。ヒステリック傲慢古本娘。
(アル・アジフは魔導書「ネクロノミコン」の原書。千年を生き、
意思を持ち、肉体を持ち、世界を守るため邪神を滅ぼすため、
主(人間)をとっかえひっかえ、デウス・マキナを操り戦ってきた存在。)
(デウス・マキナ(鬼械神)は力のある魔導書(人型でなくとも)が
召喚できる巨大ロボ。神を模した物・・・らしい。
アル・アジフのデウス・マキナ「アイオーン」は
ブラックロッジ最高幹部との戦いで大破した。なので代わりがデモンベイン。)
(この世界の魔術師は魔導書がないと力を行使できない・・・らしい。)
(ああ、説明してたらきりがない・・・)

エロらしくエロなシーンは・・まあありますが。
なーがゲームをやっているのは
シナリオの面白さを求めていてだったり、
好きな漫画家さんの絵が見たいがためだったりするので、
そんなシーンはさっさと飛ばす。ってか、なー的に汚いので大概がいやだったり。
女の嬌声もどうでもよかったり。ってか嬌声いや。わからん。
絵はいいけど、それをずーっと見せられてるから、すごくいや・・・。
親に見られても困るしね。ヽ(´ー`)ノ

あと、立ち絵のゲームが嫌いです。キャラが立っているだけで表情だけ変わったり、
画面下に出ているセリフだけが変わったり。そー言うのが嫌いです。飽きる。
なので、そうでないリトルウィッチとニトロプラスのゲームが大好きです。
リトルウィッチはコマが動く。動く漫画みたい。
ニトロプラスは人物が立ち代り入れ代わり、立ってる格好もくるくる変わるので飽きない。
なので、なーがしたいのはリトルウィッチとニトロとユニゾンソフトのゲームだけ。
あ、ユニゾンは立ち絵ですが、シナリオが面白いし、絵が好きなんです。

サ、眠いから風呂入って寝ます。
[PR]
by nonbike | 2005-09-27 00:07 | light & bright
<< チャーリーとチョコレート工場 与太話 >>